恋愛の歴史と誤解 LOVEの精神と軍国思想

日本が女性差別の国だというのは誤解で、実は西洋の方が女性を差別していたという話を前回しました。しかしもし中世ヨーロッパの女性がただ差別の中で生きていたとしたら、結婚を維持して子供を教育し、高度な文明を発達させることはできなかったと思います。彼女たちは財産面では差別されていましたが、別のものを得て満足していました。それが愛です。今回は恋愛についての誤解と歴史をなるべく簡単に話します。

ツイッター上で非モテ男性とこんな会話をしました。

非モテ男性 : 自由恋愛風潮において、非モテ男性はなぜ苦しむのか?それは自由恋愛で女と結婚できる男は「金がある権力がある顔がいい」の3セットだから。 厳しいことを言うと、いわゆる弱者男性は「金ない権力ない顔よくない」の3セットだろう

大村 : 自由恋愛はね、恋愛なんだよ、恋愛。金・権力・顔じゃない。もしそうだったら「自由金権力顔」だろ。あるいは自由売春かな? なぜその基本のところが理解できない? だから日本はこんなに未婚童貞が増えてしまった。

日本の未婚セックスレスは占領軍フェミニズムが原因だった

 

愛の新世界を築くために、まず募集したい人材は女性に愛を与える能力のある男です。しかし残念ながら日本には元気な男が大幅に減少しました。日本の未婚とセックスレスが認知されるようになってから、およそ15年が経過しています。「負け犬の遠吠え」が流行語になったのは2004年、「婚活」が2007年、「草食男子」が2008年。しかしこの問題に正面から取り組む動きはどこにも見えません。統計によると1992年から2015年の間に、18~39歳で性交渉の経験がない日本女性(処女)が21.7%から24.6%に、日本男性(童貞)は20%から25.8%に増加したそうです。

コロナワクチン兵器説は国防問題 その3 完璧な2段(時間差)兵器

前回の続きです

リー・メリット医師:コロナウイルスが自然に発生する非常に良性のウイルスであり、ほとんどの人が風邪をひかないことを示す証拠はたくさんあると思います。せいぜい、普通の風邪をひく程度でしょう。コロナウィルスには人を殺したり、病気にすることはできません。コロナウィルスの目的は伝達装置です。

コロナワクチン兵器説は国防問題 その2 軍事の歴史は卑怯の歴史

 

前回の続きです。
世間ではキチガイ扱いされているコロナワクチン兵器説ですが、もし真実ならば国防問題です。そんな重要な問題をなぜ世間は笑い飛ばせるのか?理由をいくつか考えてみました。

1,ワクチンを作っている製薬会社は日本の会社だと思っている。

2,ワクチンを作っている製薬会社が外国の会社であったとしても、その中身は日本政府がしっかり確認していると思っている。

3,ワクチンを作っている製薬会社が毒を入れたりはしないと思っている。なぜならワクチン接種で人が死に始めたらすぐにわかるから。

4,そもそもワクチンで人を大量に殺す計画など、あまりに荒唐無稽でありえないと思っている。

コロナワクチン兵器説は国防問題 その1

コロナが登場してから社会活動が大きく制限されました。失業も増えました。マスクが新しい生活様式になりました。しかしあなたの周囲でコロナで死んだ人はいますか?いませんよね。何かおかしいと思いませんか?おかしいんです。おかしいと思ってください。これをおかしいと思わないともっとヤバいことになります。

まずコロナで死ぬのは80歳以上、平均寿命の人たちだけです。どうしてそんな病気で騒ぐのか?そしてその80歳以上しか死なないコロナの致死率は毎年のインフルエンザより少し高く、10年に1度のインフルエンザより低いです。

マスクはおかしい、PCR検査はおかしい、(従来型の)ワクチンは危険だという記事や動画はネットで探せます。しかしアメリカがバイデン政権に代わってから大事なページや動画がyoutube, facebook, twitter, googleなどからどんどん消されるようになりました。今のうちに調べないといずれすべて無くなります。

を購読